新しい名言を書く
電車に乗っている時間を有効活用すれば人生が二割くらい良くなる気がする。
恋する分だけ恋が芽生える。恋しないと恋は芽生えない。
本を早く読んでいるとありがたみがなくなる。ゆっくり噛み締めるように読むと、本の中身が想像できて、楽しい
人生は短い。短いから毎日に価値が出る。
普段は意識しないけど、いつも食べている肉はある動物の肉。ある命を作っていた肉体なのだ。そう考えると、自分の命と人生は粗末にできない。
豊かではない財布の中身。しかし心だけはいつも豊か。時に泣き、時に荒れ、時に穏やか。喜怒哀楽って大自然と大きさと似ている。そうして豊かな経験という実りを与えてくれるから。
人の成長とは怒りを超越する事を言うんだよ。成熟した大人は怒りを知らない。
自分の人生を生きているから、他人と比較している暇がない!
とりあえずやってみる。この第一歩が大変だけど、とりあえずやれば次の努力は簡単になる。
反省は能力。反省できれば成長できる道が生まれる。反省できないと、それ以上成長しない。
やる気スイッチがない人はやる気スイッチをどっかにつけるやる気さえないから、永遠にやる気が出ない
山の中で見かけても怖くないのに、家で見つけると怖い。それが虫。
いいことを言おうとすると出てこないのに、どうでもいい時にいいことを言ってしまうことがある。
楽して生きたい。でもずっと楽していると、それもまた苦痛になる。苦痛があって、その後は楽になる。結局、楽するには苦痛がなければいけない。
一人より二人がいいけど、二人より三人は嫌。三人は仲間はずれが出てくるから。
人は愛のために生きるのだ。
陰口を言うのは自分に自信がないから。自信があったら人のいないところで悪口なんて言わない。
新幹線に乗る時はわくわくするのに、普段の電車に乗る時は憂鬱なのなんでだろう
手を借りるより、貸し続ける事を目標としているよ。
ポケットに手を突っ込んで歩いている時に転んだら、頭を打って死んでしまうかもしれない。 それでも僕は、寒いのが嫌なので手を入れて歩く。
「もし」は「仮に」という意味だけど、もしもしは電話でこたえる時に言う。意味は特にない。仮に仮に、は何も意味がないのに、どうして電話の挨拶になったんだろう?
うどんのつゆをタレと言ってしまうとき、ああ、ずっとうどん食ってなかったな、と思うのである。
努力は報われないこと前提!努力はして当たり前!
冬が辛い。朝早く起きるのが辛い。冬は朝早く起きるのが地獄のように辛い。
普段鏡を見ても何も思わないのは、鏡を見ているようで見ていないから。そこに映っているのは昨日と変わらない自分で、鏡に映っている本当の自分を見ているわけではない。
吉野家で卵をつけても痛くもかゆくもない身分になりたい。
理由のない行動は未来を壊すか、まったく違う未来を作るかのどちらか。
山崎は山﨑ともめる。ヤマサキとヤマザキももめる。山崎は絶対にヤマサキなのかヤマザキなのかはっきりしたがる。
怒りが爆発しそうになったら、そこはぐっと我慢して、その後に寿司でも食べるべし。
愛がなければ生きてけない。愛のない人生にどんな意味があるんだ。
世の中才能。
世の中才能。
世の中才能。
怒ってもしょうがないのに怒るのなんでだろう。怒りたいときは、怒る以外のやり方で発散したい。それができたらいい人間になる。
仕事をしているから休日が楽しくなる。ずっと休日だったら、もはや休日はなくなる。
嘘をつくと将来裁かれる気がする
怒りは何秒かするとおさまる。ストレスは何秒経ってもおさまらない。
自由は不自由のなかにこそある!不自由がなかったら自由なんてない!
嫉妬するたびに惨めになる 惨めになるくらいなら愛なんていらない
好き勝手にしていると、人が離れていく。相手を思って生きていかないと、一人ぼっちになってしまう。
ネコはわがままでも可愛がってくれる。犬は忠犬になると可愛がってくれる。ネコって有利だな。
後悔しない人生を送れ!
渡辺は渡辺か渡邉かで絶対に揉める。
ネコになりたい。ネコになって、ゴロゴロして、おいしいものを食べたい。普通の人間より、飼い猫のほうが圧倒的な勝ち組。夏目漱石もそう考えたに違いない。
悪口を言ったら悪口を言われて傷つく。これ、学校でしつこく教えるべき。
素直に「好き」と言ってくれたら二人とも幸せになるのに
こっそり好きだった人が、自分を恋してたと知ったら、どんだけ幸せな人生になるんだろう。
時間がないときこそ、時間のありがたみがわかる。

新しい名言を書く

タグを書くと見つかりやすくなります。タグの個数は 3 つまでです。セピア名言帳は「人と社会を美しいコトバで良くしたい」と願う人のための場です。